お役立ちコラム

【東京】鮨 すが弥

カテゴリ:ピックアップ店舗 投稿日 2022/03/12

2018年12月にオープンしたミシュラン一つ星獲得の鮨 すが弥。


店主の菅谷崇之氏は、都内の名店で経験を積んだ後、銀座の名店 鮨あらいの二番手として活躍した後に、赤羽橋駅近くのここで独立を果たした。


 


白い暖簾をくぐると石畳の小道があり、さらにもう1枚檜の扉が待っている。


店内に入ると、店主のおもてなしが行き届くようにと8席のみの存在感のある檜のカウンター。


シンプルだが品のあるインテリアは、贅沢な空間。


より寛いで頂けるようにと椅子もこだわりの特注品。


物腰柔らかで、真摯な店主とご夫人である女将の和やかで心地のいいおもてなしも魅力。


鮨を存分に楽しめる落ち着いた空気感と菅谷氏の仕事っぷりをじっくり楽しむ。


8席一斉スタートなので、誰かが入店したり退店したりもなく食事に集中することが出来る。


 


料理はおまかせコース 45,000円(税込)のみで、鮨屋なので握りを愉しんでほしいという想いから、おまかせで出てくるのはシンプルな味わいの4~5品のつまみと12貫ほどの握り。


魚介はすべて豊洲から仕入れる厳選された新鮮なもの。


日本一と名高い鮪問屋のやま幸と上等な素材が揃う旭水産を中心に仕入れを行なっている。


巻くのも難しいであろうスペシャルな鉄火太巻きは様々な部位のマグロを贅沢に一度に楽しめる。


ネタに合わせて丁寧に下ごしらえをし、魚の熟成の見極めや〆具合、火入れなど高い技術で素材のレベルを底上げしている。


酢飯は、横井醸造の米酢と赤酢をブレンドした絶妙なバランス。


米の一粒一粒がしっかりとしていながら、絶妙な力加減の握りも素晴らしい。


非常に味わい深く、鮨っていいなと改めて日本人であることに感謝してしまう。


 


お酒も日本酒をはじめ、ワイン、シャンパンと豊富に取り揃えていて、好みの酒と一緒に楽しめる。


特にワインリストは充実ぶりが素晴らしく、かつワインが鮨を邪魔しない、鮨もワインを邪魔しない、むしろ良いマリアージュを生むラインナップになっている。


 


独立後も真摯に鮨を追求し続ける菅谷氏にはすでにファンが多い。


予約困難店なので、来店の計画はお早めに。


 


 


鮨 すが弥


住所:東京都港区東麻布1-29-15 東麻布296ビル 1F


電話番号:03-6230-9545


営業時間:月・火・金・土 一部 18:00~20:15 


             二部 20:45~23:00


     木 一部のみ 19:00~21:30


     日・祝 一部 16:00~18:15 


         二部 18:45~21:00


     水曜定休

LINE公式アカウントを友だち追加して、あなたの街のお酒情報をチェック!

友だち追加

その他の記事を見る