お役立ちコラム

【東京】ほんじん

カテゴリ:ピックアップ店舗 投稿日 2022/03/12

新橋駅から徒歩約7分、築地市場駅徒歩約5分、東銀座駅徒歩約10分。


1階がキッチンになっており、2階はテーブル席で14席、3階は座敷10席の屋根裏部屋。


店長こだわりの厳選素材を使ったもつ鍋と自慢の地鶏料理や焼き物、焼酎と日本酒などが楽しめる。


 


実は、もつ鍋は栄養のバランスが優れたお鍋。


もつには五大栄養素の1であるミネラルや疲労回復やストレス解消の効果がある必須アミノ酸、コラーゲンも多く含まれている。


ニラには硫化アリルが、キャベツにはビタミンUが含まれている。


コラーゲンは、それだけを摂取するだけでは体内に吸収されないという。


アミノ酸、ビタミン、ミネラルも必要でその役割を助ける酵素も必要。


もつ鍋にはこのアミノ酸、ミネラル、コラーゲンを持つもつとビタミンや酵素を持つニラ、キャベツ等たくさんの野菜と一緒にとる事が出来る。


もつ鍋を食べて翌日お肌がぷるぷるになるなんて話はまさに理にかなっている。


さらに、含まれる成分が体に良いことに加え、もつの歯ごたえを楽しんで食べることにより顎が鍛えられるだけでなく、ゆっくりと味わって噛むことで脳細胞が活性化される。


もつ鍋は美容や健康のために女性にはもちろん、男性にも食べてほしい料理ということが分かる。


こんなに良いことづくめなら、冬だけでなく一年中食べるべき料理といえる。


 


ほんじんのもつ鍋は醤油味、塩味、特製味噌味の3種類から選べる。


もつは、安心の国内産牛のもつを使用している。


業者に任せるなどはせず、湯通ししたもつでもない牛の新鮮なもつを毎日料理人が流水で丁寧に手洗いして提供している。


手間ひまをかけているからこそ、もつの脂の旨味が口の中でふんわりと広がる。


 


東京だとあまり食べる機会が少ないかもしれないが、水炊きももつ鍋と同様に福岡では馴染み深いお鍋。


博多の水炊きは他地方の水炊きとは異なり、濃いめの鶏がらスープのお鍋。


そのスープが絶品で、具を入れる前にまずスープ本来の味を楽しんでほしい。


コラーゲン豊富なスープを一口飲むと心も体もぽわーっと温まる。


 


その他のメニューには軟骨の炭火焼、ほんじん特製つくね、博多一口餃子など。


さらに、強い歯応えと非常にコクのある味わいが特徴のさつま知覧どりという、鹿児島の長期飼育された地鶏も。


本来の鶏肉の旨味を味わえるように、骨付もも炭火焼や地鶏のたたき、特選もも炭火焼、せせり塩焼き、ぼんじり炭火焼などがおすすめ。


 


もつ鍋に合わせるドリンクといえば、焼酎。


森伊蔵、魔王、佐藤、伊佐美、富乃宝山、海、残波、久米仙など九州のものを中心に豊富な種類の焼酎を揃えている。


日本酒の品揃えも豊富で、日本酒好きの方も満足できるだろう。


メニューに載っていない焼酎や日本酒もあるそうなので、店員さんにおすすめを聞いてみながら決めるのもいいかも。


 


 


ほんじん


住所:東京都中央区銀座8-15-6


電話番号:03-3545-1866


営業時間:月~金 ランチ 11:30~14:00


         ディナー 18:00~24:00


     土・祝 ディナー 17:00~23:00


     日曜定休

その他の記事を見る