1. ナニノムTOP
  2. おすすめ記事
  3. ピックアップ店舗 >
  4. 【東京】TAPAS MOLECULAR BAR

お役立ちコラム

【東京】TAPAS MOLECULAR BAR

カテゴリ:ピックアップ店舗 投稿日 2022/03/05

ミシュラン星獲得のタパス モラキュラーバーは、マンダリンオリエンタルホテル最上階の38階に位置している。


コーススタートの時間までは同じく38階のオリエンタルラウンジで待機。


床から天井まで広がる大きなガラス窓から都心のきらめく夜景を楽しめる。


ラウンジでは淹れたてのコーヒーや絞りたてのフルーツジュース、カクテル、世界各地から厳選された世界の銘酒などを用意している為、食後にもこちらで一息つくことが出来る。


そんな重厚な雰囲気のラウンジの一角にオープンキッチンのタパス モラキュラーバーが併設されている。


8名限定のカウンタースタイル。


一斉スタートなので時間厳守でのぞみたい。


 


慣れ親しんだ料理を分解し、別の食材とのコンビネーションや新たな調理法に加え、味・香り・食感・温度を再統合するモラキュラー料理を提供するレストラン。


分子ガストロノミーといわれる分子美食学の先駆者的存在で、料理を科学的な観点から解明、食材が変化する仕組みを分子レベルで分析し、それを応用することで新しい料理が生み出されている。


まるで研究室にいるかのような道具やテクニックから作られる料理の数々は、まるでマジックを見ているかのようで、テーマパークに行った時のようなわくわく&どきどきを味わえる。


席にはそれぞれ工具箱に入った様々な道具がカトラリーとして用意されており、そんなところにまで遊び心が見られる。


 


料理長は、幼少よりカナダで育ち、アメリカの大学で芸術学を学んだというユニークな経歴を持つ牛窪健人氏。


コンセプトは、”五感と想像力を刺激する14皿のアートギャラリー”。


レストランでの体験こそが最も複雑なアートと考え、モラキュラー料理にクラシック、モダン、グローバルな技巧的、芸術的要素を取り入れ、新感覚の食体験を創り出している。


2014年にタパス モラキュラーバーのチームに加わり、アーティストとしての感性とインターナショナルな経験を活かしてチームに貢献し、2020年に料理長に就任。


日本語も英語も流暢に操れる為、外国の友人と一緒に行っても安心。


 


メニューは季節によって変わるが、どのメニューもそのメニュー名からは想像できないほど独創的。


様々な手法で作られる見た目の面白さ、見た目と味とのギャップ、食感など食事が出てくる度に高揚感が収まらず、あっという間に時間が過ぎてしまうこと間違いなし。


 


ソムリエとバーテンダーによる新感覚のペアリングとともに、シェフの創り出す創造的な料理と合わせることでまるでアートギャラリーにいるような、驚きに溢れた体験をすることが出来る。


ワインペアリングでは、7種類のペアリングを楽しめ、クールクライメット・リージョン、低アルコールワインやナチュールワインなど世界の最新のワイントレンドを味わえる。


日本酒や梅酒など日本のお酒も欠かせない。


さらに、マンダリンオリエンタル東京が誇るワインセラーで保管しているワインも非常に充実したラインナップ。


在庫状況は日々変動する為、ソムリエの方に相談してみよう。


 


 


TAPAS MOLECULAR BAR タパスモラキュラーバー


住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリンオリエンタル東京38階


電話番号:03-3270-8188


営業時間:完全予約制 18:00スタート


     定休日 月曜、火曜、水曜

LINE公式アカウントを友だち追加して、あなたの街のお酒情報をチェック!

友だち追加

その他の記事を見る