1. ナニノムTOP
  2. おすすめ記事
  3. コラム >
  4. すき焼きor火鍋

お役立ちコラム

すき焼きor火鍋

カテゴリ:コラム 投稿日 2022/04/02

日本が誇るだれもが知るすき焼きの老舗や中国の大人気火鍋店をご紹介。


 


※新型コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。


 


 


【人形町 今半 本店】



明治28年創業、老舗中の老舗ですき焼きと言えば真っ先に今半を挙げる人がほとんどであろう。


その本店が地下鉄人形町駅徒歩1分の名席浪曲寄席 喜扇亭の跡地にある。


1階は鉄板焼ステーキ、2階ではすき焼・しゃぶしゃぶを始めとした日本料理を提供している。


 


こちらのすき焼の特徴は肉の旨味を逃がさず炊くこと。


お肉は黒毛和牛の雌牛を中心に、仕入れ後に20日間程の熟成を行い、適度な厚みにスライスすることで美味しいお肉をさらに美味しく頂ける工夫がなされている。


特製の割下で最初にお肉だけを炊き上げたその一口目は、非常に柔らかい肉質と肉の甘み、割下の旨味を感じられ、もはや感動もの。


お肉と相性抜群の特製のすき焼割下は、徹底した温度管理のもとで作られ、溶けだした牛肉の脂がさらにコクと旨味を増している。


すき焼でお肉と一緒に食べる野菜といえば葱・春菊・白滝などが定番だが、今半ではそれに加えて厳選した季節の野菜も頂ける。


すき焼と一緒に食材で季節を感じることが出来るのは珍しい。


〆にはふわ玉ご飯を。


すき焼をした鍋に卵を溶き入れ半熟に仕上げ、それをご飯の上へのせたもの。


肉と野菜の旨味の詰まった割下とふわふわの卵が絶品。


 


今半オリジナルの日本酒が壺中有天。


竹鶴の石川杜氏によるもので、品の良い香りと広がる辛さ、優しい余韻は食中酒にぴったり。


他にも山口の純米毛利公、福島の大七生もと純米、福井の黒龍いっちょらい吟醸、埼玉の神亀ひこ孫純米吟醸、新潟の久保田万寿純米大吟醸など日本全国から選りすぐりのお酒が揃っている。


 


 


人形町 今半 本店


住所:東京都中央区日本橋人形町2-9-12


電話番号:03-3666-7006


営業時間:11:00~22:00


 


 


【海底撈火鍋 新宿店】



JR線、丸ノ内線、京王線、都営大江戸線 新宿駅から徒歩約4~5分。


歌舞伎町にある最大300名まで対応可能な大型店舗。


ソファ席が多く、ゆったりとした席で寛げる。


プライベート個室も人気。


店内は非常に清潔感があって広々としている。


 


本場中国でも大人気で、火鍋店で1番の人気を誇っていると言っても過言ではない。


現在では世界中に店舗を構えているその人気の秘密が、充実した中国流おもてなし。


様々な工夫に満ちていて、テーブルを待っている間にも気持ちよく過ごせるように飲み物やスナックが配られ、ネイリストによるジェルネイルのサービスも無料で受けられる。


他にも子連れに嬉しいスタッフが常駐するキッズコーナーもあり、店内は禁煙だが喫煙ルームも完備。


お手洗いも非常にきれいでアメニティが揃っている。


さらに席に着くと、おしぼりやエプロン、ヘアゴム、メガネクリーナーなどを手渡してくれ、席に備え付けられている引き出しにはそれらのアメニティが入っている。


充電コンセントも完備で携帯の充電も可能。


スタッフの方々の気遣いもレベルが高く、鍋のアク取りなど常にテーブルの状態に気を利かせてくれる。


さらに、お面が一瞬で変わっていく中国伝統芸能の変面ショーも定期的に行っており、まるで中国に旅行しているかのような気分になれるエンターテイメント性も抜群。


 


火鍋はまず鍋を一色鍋、二色鍋、四色鍋の中から選ぶ。


そしてどのスープにするか特製麻辣スープ、白湯鍋、三鮮大骨鍋大、麻辣鍋、中華トマト鍋、中華風豚ガツ鍋から選んだら、肉や団子、野菜やきのこなどの具材を選ぶ。


お鍋の〆は目の前で麺を伸ばしていく実演が見られるカンフー麺を。


スタッフの方がテーブルまで来てくれ、アクロバティックに舞いながら麺を伸ばしていく。


味ももちろん美味しく、もちもち食感。


鍋と一緒に是非オーダーしてほしいのが、調味料バー。


ずらりと並んだ調味料や薬味から自分好みのタレを作れる。


自分で調合するのが楽しく、軽食やフルーツも置いてあるのが全て食べ放題となっている。


 


ドリンクも充実していて、ビールはアサヒスーパードライ、青島ビール、青島スタウト。ハイボールは角ハイボール、カシスハイボール、ジムビーム。


焼酎は麦が太治兵衛、八重丸、芋が黒丸、黒霧島。


日本酒は沢の鶴、本醸造・神輿 辛口 生貯蔵酒、清酒 八海山、獺祭 等外、久保田 萬寿。


果実酒は紀州産南高梅酒、奥武蔵のにごり梅酒、杏露酒、さんざし酒。


紹興酒は古越龍山紹興酒、陳年紹興貴酒 5年、陳年紹興貴酒 10年。


白酒は貴州茅台酒(飛天) 53度、五粮液酒 52度、五粮醇、酔心純米大吟醸、孔府家酒、紅星二鍋頭、牛欄山二鍋頭。


その他各種ワインやカクテル、サワー類も。


 


味もエンタテインメント性も本場中国さながらのお店。


至れり尽くせりな中国流おもてなしを体感してほしい。


 


 


海底撈火鍋 新宿店


住所:東京都新宿区歌舞伎町1-21-1第二東亜会館6F


電話番号:03-6278-9799


営業時間:11:00~21:00

LINE公式アカウントを友だち追加して、あなたの街のお酒情報をチェック!

友だち追加

その他の記事を見る