1. ナニノムTOP
  2. おすすめ記事
  3. コラム >
  4. 雰囲気抜群な日本食

お役立ちコラム

雰囲気抜群な日本食

カテゴリ:コラム 投稿日 2022/01/16

和食を食べたいとなった時にこんなお店を知っていたら一目置かれること間違いなし。


落ち着いた雰囲気の中、美味しいごはんと美味しいお酒で話も弾むはず。


おしゃれで人に教えたくなる和食屋さんをご紹介。


 


※新型コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。


 


 


【広尾 小野木】



広尾駅から徒歩約5分、恵比寿駅から徒歩10分程。


美味しい創作和食を頂ける広尾小野木。


渋谷の人気店 食幹で腕を振るってきた小野木茂樹氏の名を冠している。


 


入り口から2階へと階段を上がっていくと、その先には巨木の根っこを使ったオブジェが迎えてくれる。


初見のそのインパクトは凄まじい。2階にいるのに地下にいるかのような錯覚に陥りそうな不思議な感覚。アートとして成り立っていて、レストランでありながらおしゃれなアート空間のよう。


他にも店内にはカウンターをはじめ、随所に上質な木々が用いられていて落ち着く雰囲気。


柔らかな照明で、大人なデートにも女子飲みにもぴったり。


開放的な窓に囲まれ、あまりの居心地の良さについつい長居してしまいそうになる。


英語メニューもあり、外国人の方の来店も多いそう。


14席ある店の奥まで伸びるカウンターは、料理人の手仕事を間近で楽しむことが出来る。


会話も楽しめ、仕事姿を見ながらお酒が進む。


6名、9名まで利用可能の2つの完全個室もゆっくりと過ごせる。


個室では、子供との食事も可能というのは嬉しい。


 


どれを頼んでも美味しいのだが、メニューの種類が多くどれを頼んでいいか悩んでしまうほど。


贅沢な食材をふんだんに使った、お酒が進むメニューばかり。


旬のものをちょこちょこ色んな種類を食べられるのは和食の良いところだろう。


1度の来店だけではお腹が食べたいものの多さについてこられないので、次来たらなにを食べようかとメニューをずっと見続けてしまう。


しかし、是非炊き込みご飯まではいってほしい。


フレッシュなオマール海老を豪快に炊き上げた小野木スペシャル オマールの“び”の炊き込みご飯は必食。


コースもいくつか用意があり、おすすめコースは肉、魚、肉も魚もと当日の気分で。


アラカルトでは迷いすぎて決められないという方はコースで小野木を体感してもいいかも。


 


ビールやワイン、ハイボールもいいけどここではやっぱり日本酒。


菊姫 鶴乃里 山廃純米酒 石川は、じっくり手間を掛けた山廃酒母を使用し、菊姫特注醗酵タンクにより醸し出される。


甘い芳香と爽やかでミルキーな米の旨みが口の中に広がり、きりっとした酸味が後味を締める。


浜焼きや鍋物、あん肝など脂の乗った料理や濃い味の料理との相性が良い。


小野木の料理を引き立てながら、お酒の個性も感じられることだろう。


他にも、黒龍 純米吟醸酒 福井、正雪 純米酒 静岡、日高見 弥助 純米吟醸酒 宮城、醸し人九平次 純米大吟醸酒 愛知、乾坤一 純米吟醸原酒 宮城、満寿泉 からくち 熱燗用普通酒 富山などが揃う。


 


立地良し、雰囲気良し、お料理良し、スタッフ良し、お酒良しなお店。


誰かを連れて行きたいけど知る人ぞ知る隠れ家にしておきたいとも思ってしまう。


 


 


広尾 小野木


住所:東京都渋谷区広尾5丁目8-11 バルビゾン22番館 2F


電話番号:03-6447-7657


営業時間:月~金 17:30~ ※営業時間内であっても食材がなくなり次第終了


     土・祝 13:00~


     日曜定休


 


 


【Nobu Tokyo】



神谷町駅から徒歩約6分、六本木一丁目駅から徒歩約7分、溜池山王駅から徒歩約8分。


NOBU Tokyoはオーナーシェフである松久信幸と俳優ロバート・デニーロが世界中に展開するNOBUレストランの唯一の日本店。


 


店内は天井も高く、かなり広々とした印象。


カウンター奥の透彫や天井にもふんだんに使われた木材から和のテイストを存分に感じられる。


さらにライトを上手く駆使することで、スタイリッシュな空間に仕上がっている。


調理している様を間近で見られるカウンター席やテーブル席、ソファ席、会食に適した個室、バーエリアも。


日本人だけでなく外国の方も好みそうなインテリアという雰囲気で、実際来店されるのは外国の方々やビジネスパーソンが多い。


 


そんな活気ある空間の中、和をベースにした創作料理を頂ける。 


日本各地や世界から旬の食材を取り寄せ、お刺身、お寿司、天ぷらといったオーソドックスなメニューも用意。


さらに、カンパチのハラペーニョ添えやマグロのタルタル天ぷらロール 柚子味噌ソース、クリスピーライス スパイシーツナ 又は スパイシーサーモン添え、チリアンシーバスの⿊胡椒焼き テリヤキバルサミコソースなどのオリジナルのNOBUフードと呼ばれる南米や欧米のエッセンスを取り入れた料理も楽しめる。


ブラックコッドの味噌焼き-デニーロお気に入りなんてメニューも。


日本のベーシックな食材から、ロブスター、鮑、フォアグラ、キャビアなど高級食材を堪能できるメニューも多い。


キャビアの海苔タコス、ロブスターのソテー ワサビペッパーソース、ポットベラ・マッシュルーム フレッシュトリュフ添え レモンバターソースなどが挙げられる。


シェフのおまかせティスティングコースもおすすめで、Nobu Tokyo のシグネチャーディッシュや季節のメニューからアペタイザー、お寿司、サシミサラダ、お魚料理、お肉料理、お蕎麦、おまかせデザートの7品から構成されている。


 


お酒も幅広いワインセレクションの他、バーで作るオリジナルカクテル、佐渡・北雪酒造の銘酒を取り揃えている。


その中でもNOBUでしか味わえない北雪 NOBU TK40は、NOBU限定の佐渡産越淡麗を40%まで磨き上げて醸した純米大吟醸。


やわらかな口当たりとフレッシュなメロンや花の香りが特徴。


この他にもここでしか味わえないお酒が多数。


 


 


Nobu Tokyo


住所:東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス 1F


電話番号:03-5733-0070


営業時間:ランチ 11:30~15:00


     ディナー  17:30~22:00

LINE公式アカウントを友だち追加して、あなたの街のお酒情報をチェック!

友だち追加

その他の記事を見る