1. ナニノムTOP
  2. おすすめ記事
  3. コラム >
  4. 特別な日に行きたいレストラン

お役立ちコラム

特別な日に行きたいレストラン

カテゴリ:コラム 投稿日 2022/7/10

※新型コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。


 


 


「Casita」



表参道の有名店カシータ。


テレビなどで取り上げられるほど、ホスピタリティの高さで有名。


オーナーである高橋 滋氏はホスピタリティに関する書籍やDVDを発売しているほど。


 


「星の数ほどあるレストランの中でいつまでも人の温かみを感じていただけるレストランであり続けたい」という想いを常に持ち続けるカシータ。


レストランに来店するすべての人にそれぞれのストーリーがあり、そのストーリーの主役であるお客の想いに寄り添い、さらにそれを叶えるお手伝いをするというのがカシータ流のおもてなし。


誕生日や記念日、大切な人とのひととき、お世話になった方との食事会など、大切な日の利用にもってこい。


アニバーサリーディナーでは、昨年度青山カシータ料理長に就任した市原シェフが旬の食材を各地から取り寄せて手掛けている。


素材にあわせた自由な発想をコースで表現し、彩りや見た目も楽しめる創作イタリアンコースを用意。


 


一例ではあるが、アニバーサリーで来店した際には、ナプキンにネームが刺繍してあったり、シャンパンボトルにネームがプリントされたラベルが貼られてあったり、お水にもネーム入りのラベルが貼られた上に不思議な仕掛けが仕込まれていたり、花火つきのメッセージ入りデザートプレートが出てきたり、食後のコーヒーにまでメッセージが書かれていたり、帰り際には写真や食中にいただいたパンとジャムを持たせてくれたりと次から次へとサプライズがあり、あっという間に時間が過ぎてしまうこと間違いなし。


まさにお腹も心もいっぱいになるレストラン。


 


もちろん日常での利用でも、ささいなことにまで気にかけてくれて思わず笑顔になってしまうようなアプローチが期待できるだろう。


また、料理では普段使いでも楽しんでもらえるようにと気軽に食べられる王道なイタリアンのアラカルトメニューも豊富に取り揃えている。


いつ来店しても飽きがくることのないようにグランドメニューは1ヶ月毎の更新となっている。


 


レストランは3つのエリアから構成されており、アラカルトでゆったりと食事を楽しみたい場合やコースを主体とした会食やお祝いの際はメインダイニングを。


日常的に気軽にワインや食事を楽しみたい時にはワインガーデンを。


テラスではダイニングでの食事の後に夜空の下で食事の余韻を楽しんだり、ゆっくりデザートをいただいたりできる。


特別なひとときにはぜひ最端にあるガゼボを利用したい。


 


どんな食事にもあわせられるドリンクメニューは非常に豊富。


モレッティやギネス エクストラ・スタウトなどのビールに始まり、ウイスキーはジャパニーズウイスキーの知多、アイリッシュのジェムソン、カナディアンのカナディアン クラブ、バーボンのI.W. ハーパー、ブレンデッドモルトのオールド パー 12年、シングルモルトのグレンモーレンジ 18年など。


他にもグラッパのポーリ グラッパ ディ ルーチェ、カルヴァドスのブラー グラン ソラージュ、ブランデーのヘネシー V.S.O.P フィーヌ シャンパーニュ、ポートのグラハム ファイン ルビーなどの食後酒も充実している。


 


さらに、レストランカシータではワシントン州コロンビアバレーのシャトーサンミッシェルと提携しプライベートブランドのワインを用意している。


白ワインはシャルドネ。コロンビア川に面した南向きの暖かいブドウ園から収穫され、パイナップルやマンゴーなどのトロピカルフルーツのアロマがあり、リッチでなめらかな口当たり。


赤ワインはカベルネソーヴィニヨン。コロンビアの北端にあるワールークスロープ地区で栽培されたブドウを使用し、新樽比率約30%のアメリカンオーク樽と新樽比率約20%のフレンチオーク樽で約15ヶ月間熟成している。


ブラックフルーツのアロマとバニラのニュアンスが続き、熟したフルーツコンポートのような味わい。


 


ロマネ・コンティやモンラッシェ、ラ・ターシュなどの高級ワインやシャトー・ラフィット ロートシルトやシャトー・ラトゥールなどのメドック格付け1級ワインもスペシャルプライスで提供している。


オーパスワンやキスラーヴィンヤーズの入手困難品も用意しており、記念日などには美味しい食事に合わせて高級ワインとのマリアージュを楽しんでみるのもいいかも。


 


また、カシータでは新しいサービスとして、「Art+(アートプラス)」をスタート。


偉大なアーティストのアート作品などを没入感のあるイマーシブデジタルコンテンツとして表現するプロジェクト。


エプソン製のライティングモデルプロジェクターを使用し、食事を楽しむ空間の演出としてプロジェクションを常設するとのこと。


名だたる絵画の数々と食事とをコラボレーションした映像空間演出であり、人的サービスと最先端のテクノロジーを駆使したデジタルアートとの融合となっている。


新しい空間と食事を五感で味わってみたい。


ますます成長していくカシータから目が離せない。


 


 


Casita


住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 3階


電話番号:03-5485-7353


営業時間:ランチ 12:00~15:00


     ディナー 17:00~21:00

友だち追加
友だち追加

その他の記事を見る